小林 詩奈(国際基督教大学 教養学部 1年生)

高校生だから。

「高校生ブランド」という言葉があるけれど、一体高校生の何が良いのだろうか。そう考える皆さんはまだ、高校生活の3年間が如何に価値のある期間であるかに気づいていません。

私達は成長するにつれて周りに合わせる事を知り、妥協を知り、夢見る事を忘れ「大人」になってしまいます。しかし今年キャリア甲子園に挑もうとしている皆さん、高校生というのはまだ大人の子供のボーダーラインです。子供が備えている常識に囚われない発想力、行動力、そして大人としての礼儀正しさ、能力の高さ。これら全てを持っている「今」しか出来ない事をやらないのは、とても勿体無い事だと思いませんか?

キャリア甲子園は私達の世界、そして可能性を大きく広げてくれます。必要なのは夢見る力、そして熱意のみ。冒頭に書いた「高校生だから」、まさに今しか出来ないことにチャレンジしてみましょう。

小林 詩奈(国際基督教大学 教養学部 1年生)
キャリア甲子園2017自民党代表「I-C-U」リーダー。国際基督教大学高等学校出身。高校三年生最後の挑戦という位置づけでキャリア甲子園に挑戦。
海外経験が豊富で、自らの外国人の友人とのエピソードの問題意識をベースにしたアイデアで決勝戦まで勝ちぬく。
惜しくも優勝は逃したが、審査員から高い評価を得て、審査員特別賞を受賞。



関連記事

  1. 西垣 裕太(東京大学 文科一類 2年生)

  2. 斉藤 丈(UWC Atlantic College 2年生)

  3. 田中 来里須(The University of Queensland…

  4. 山本 康太(海陽中等教育学校 6年生)

  5. 冨貴田 彩乃(国際基督教大学 教養学部 1年生)

  6. 岡田 忠志(東京大学 文科一類 2年生)

  7. 小松 里沙(Harvard University)

  8. 戸川 馨(慶應義塾大学 法学部 1年生)

PAGE TOP