久野 珠樹(UWC 香港校 1年生)

キャリア甲子園、ヤバいです。

200日間ずっと同じ課題に向き合い続け、常にトライアンドエラーの連続、期限に追い詰められ諦めたくなったことも何度あったか分かりません。

はっきり言って、審査のたびにダメだと思っていました。それを乗り越えて決勝ステージに立った時の達成感と100チームの思いを背負ったプレッシャー、あんなにアドレナリンが出まくった経験はないです。

キャリア甲子園という非日常では、自分の弱さと正面から向き合うことや固定観念に常に挑んでいくことがいかに困難か分かると思います。しかし、「個性」や「人生の目的」という概念が揺らぐ今の時代で、真に価値ある生き方はそれらを乗り越えることで初めて見いだせるのではないでしょうか?

今の自分に満足する高校生より、不満足に足掻くチャレンジャーになれ!

久野 珠樹(UWC 香港校 1年生)
キャリア甲子園2017、帝人代表「あどヴぇんと」リーダー。高校1年生時にキャリア甲子園に挑戦。
都内有数の名門中高一貫校に通いながらも自分の置かれている環境に違和感と焦りを覚え、高校1年生の夏にキャリア甲子園の説明会に参加。惜しくも優勝は逃したが、見事決勝進出を果たす。
2年生の夏に、中学から通っていた高校を退学。世界中の選抜された高校生が集うUWC(ユナイテッド・ワールド・カレッジ)に進学する。



関連記事

  1. 佐伯 壮一朗(大阪大学 医学部 医学科 3年生)

  2. 西垣 裕太(東京大学 文科一類 2年生)

  3. 山本 康太(海陽中等教育学校 6年生)

  4. 戸川 馨(慶應義塾大学 法学部 1年生)

  5. 田中 来里須(The University of Queensland…

  6. 斉藤 丈(UWC Atlantic College 2年生)

  7. 西尾 慧吾(Yale University)

  8. 小松 里沙(Harvard University)

PAGE TOP