佐伯 壮一朗(大阪大学 医学部 医学科 3年生)

「夢見て行い、考えて祈る」山村雄一
何かを始める動機は、夢がいい。若い頃は誰でも夢を抱く。しかし、その夢が大抵実現しないのは、その実現可能性などを頭に巡らせてしまうためである― 
キャリア甲子園に興味を持っている皆さんは、おそらくまじめで、日本の中でもかなり優秀な方々なのだろうと思う。逆説的だが、皆さんのような方々ほど、このようなジレンマに陥りやすい。夢を抱いたら、まず思い切って果敢に行動する。それから初めて考える。自分のやり方を再検討し、必要であれば行動を修正して、可能な限り努力したのちには、待って祈るのみ。
まずは夢を考え、それを行動に移すことが大切。優秀な皆さんにこそ、この言葉を送りたい。自分の中に秘められた可能性が、社会で何を成し得るのか。そのポテンシャルを秘めたままで終わるのか、新しい世界を切り開くのか。その分かれ道は、もしかすると、あなたが今踏み出す、この一歩なのかもしれませんよ?

 皆様のご健闘とご活躍、並びにご成長を心よりお祈り申し上げます。

佐伯 壮一朗(大阪大学 医学部 医学科 3年生)
キャリア甲子園2015総合優勝、帝人代表「MOTION」メンバー。高校3年生時、受験勉強とキャリア甲子園挑戦を両立して取り組む。
キャリア甲子園以外にも模擬国連の活動にも注力。日本代表として世界大会に出場した実績も持つ。
2016年から大阪大学に進学。医学のスペシャリストを目指して日々勉学や学会発表、そして大学進学後も模擬国連の活動に多忙な毎日を送っている。

関連記事

  1. 斉藤 丈(UWC Atlantic College 2年生)

  2. 山本 康太(海陽中等教育学校 6年生)

  3. 小松 里沙(Harvard University)

  4. 小松 優佳(福岡大学 薬学部 2年生)

  5. 久野 珠樹(UWC 香港校 1年生)

  6. 菊澤 萌(関西学院大学 国際学部 3年生)

  7. 池原 彩貴(立命館大学 国際関係学部 2年生)

  8. 西垣 裕太(東京大学 文科一類 2年生)

PAGE TOP