山本 康太(海陽中等教育学校 6年生)

キャリア甲子園2018に参加される皆様。

はじめまして、海陽中等教育学校6年の山本康太と申します。

今からもう1年以上も前、この大会の決勝戦の舞台で、僭越ながらプレゼンテーションをさせていただいたこと、今となっても鮮明に覚えています。友人に誘われ、面白そうだからやってみようと、軽い気持ちで参加したはずなのに、勝ち進む中で、少しずつ、真剣な思いを抱くようになりました。

4人の高校生に、ビジネスプランなんて考えられるだろうか?

多くの方がこう感じられるのではないでしょうか?今でも、僕は自分たちのプランをまだまだだなぁと感じています。僕たち高校生は、あまりにもこの世界を知らなさすぎる。大人には到底及ばない…。

果たして本当にそうでしょうか?むしろ、まだ社会の入口にたったばかりの「高校生」であるからこそ、見えてくるものがあるのだと、確信しています。

この世の中に絶対的な解が存在するのだとすれば、せいぜい数学くらいなんじゃないかと思います。最初から完璧なものなんて存在しないんです。だからこそ、より素晴らしいものに近づけていく努力が大切なのだと信じています。

今大会に参加する中で、必ず、試行錯誤しながらも相手に伝わるプレゼンテーションを考える、その過程の大切さに気づいてもらえるはずです。遠く愛知県から応援しています!頑張って下さい!

山本 康太(海陽中等教育学校 6年生)
キャリア甲子園2016バイエル代表「米ット。」。海陽中等教育学校4年生時にキャリア甲子園に挑戦。
圧倒的な存在感とプレゼンテーション能力、質疑応答時の対応で決勝審査員陣を圧倒し、「米ット。」優勝の原動力となった。
模擬国連をはじめキャリア甲子園以外でも活躍。



関連記事

  1. 田中 来里須(The University of Queensland…

  2. 菊澤 萌(関西学院大学 国際学部 3年生)

  3. 小松 里沙(Harvard University)

  4. 冨貴田 彩乃(国際基督教大学 教養学部 1年生)

  5. 久野 珠樹(UWC 香港校 1年生)

  6. 西垣 裕太(東京大学 文科一類 2年生)

  7. 西尾 慧吾(Yale University)

  8. 下山 明彦(東京大学 文科一類 2年生)

PAGE TOP