甲子園ファイナリストのハーバード大学生に家系ラーメンを食べさせてみた

みなさんこんにちは、キャリア甲子園運営事務局の羽田です。

前回、キャリア甲子園2016ファイナリストのお二人に、これからプレゼンに挑戦する高校生のみなさんにメッセージをもらった記事を書きました。

そして今回、キャリア甲子園2015ファイナリストで現在はアメリカのハーバード大学に進学した小松さんが、年末休みで帰国していたのでお会いして同じくメッセージをいただきました。
もちろん、ラーメンを食べながらです。

場所は田園都市線青葉台駅にある家系ラーメン北村家。青葉台エリアでは食べログ評価が一番高かったのでここにしました。

小松さんですが、高校2年生の時にキャリア甲子園2015で決勝まで進みました。僕も色んな子のプレゼンを聞いてきましたが、彼女のプレゼンは・・・なんというんでしょう、場の空気を変えるんですよね。

そしてその後、ハーバードに進学。何でハーバード行ったのか、とかはインタビュー記事を是非ご覧ください。

アメリカでの様子を聞いてみたところ、とても充実してるそうです。現在は3人のルームメイトとハーバードの寮で生活している、とか。今年の夏に留学するかインターンするかを悩んでいるそうです。


というわけで、ラーメンが出てきたところで、これからキャリア甲子園のプレゼンに挑戦する高校生の皆さんにプレゼンのコツを聞いてみました。
ちなみに彼女が注文したのは「海苔ラーメン」でした。海苔が好きだそうです。

ずずずっ!!プレゼンで私が一番気を使うのは間の取り方です。強調したい事を伝える前にはしっかりと溜める。そうすると、意味が相手に染み込みやすくなります。
あとプレゼンはやっぱり緊張するもの。私も準決勝の時に本当に緊張してしまって、萎縮したりどもったりとにかくプレゼンがひどかった。で、決勝の時に同じことになると嫌だなあと思ってたら案の定緊張がピークになってこれ、やばいと思ったんです。でもその時にチームメイトが言ってくれた言葉に救われました。「緊張にはいい緊張と悪い緊張がある。今の自分の緊張がいい緊張だと思ってほしい。自分がこれからすることへの期待とかワクワク感が緊張になってるだけだから萎縮しなくて大丈夫だよ」って。
それを聞いて「これはいい緊張なんだ」って自分に言い聞かせて、それで決勝のプレゼンはうまくいきました。
でもやっぱり練習は滅茶苦茶大事。私も本当に何度も何度もリハーサルをやって、プレゼンの台詞もカンペなんてなくても全部体で覚えてしまった位、リハはやりました。チームメイトが他校だったのでスカイプでプレゼン練習したり、それだけ練習した事が自分の自信にも繋がったんだと思います。

いかがだったでしょうか。特に緊張との付き合い方はぜひ参考にしてください。緊張、しないようにするとかって無理ですからね。

というわけで以上です。プレゼン動画審査、頑張ってください!
*本当に、締切だけは厳守ください‼︎スライドデータも提出しなくてはならないのでやり方が少々複雑です。事前に確認しておく事をお勧めします!

関連記事

  1. キャリア甲子園2017特設サイト、オープンしました!

  2. 【YoutubeLIVE】キャリア甲子園対策生放送、またやります!

  3. キャリア甲子園2017テーマ公開!

  4. 【ネット生放送】キャリア甲子園2017対策トークライブやります!

  5. キャリア甲子園ファイナリスト同窓会が開催されました。

  6. 【要チェック!】テーマ解説動画アーカイブ配信

  7. 米ットの海陽学園にお邪魔してきました

  8. キャリア甲子園2017、準決勝の前に。これまでの所感。

PAGE TOP