TBSラジオ

1951年に『ラジオ東京』の名で、ラジオ本放送(AM954kHz)をスタート。現在では、AM放送とともに、FM90.5MHzでの補完放送、radiko、ラジオクラウドなど、新しいカタチで、多くのリスナーに向け、「聞けば、見えてくる」をモットーに“ニュース、情報、バラエティ”など、幅広い番組を放送する首都圏聴取率調査ナンバー1のラジオ局です。

皆さん、「ラジオ」聞いたことありますか。「ラジオ」を見たことありますか。

そもそも「ラジオ」って知っていますか。

今、ラジオがピンチです。

大きな災害が起きるとマスコミは「ラジオが役立つ」と堰を切ったように報道をします。

確かにラジオには速報性という強みがあり、災害に強い一面を持っています。しかし、ラジオは災害の時だけ放送をしているわけではありません。交通や天気などの日常的な生活情報はもちろん、ニュース、バラエティ、情報など様々な番組を24時間365日、休みなく放送をしています。

バナナマン、山里亮太、爆笑問題、ジェーン・スー、伊集院光、ハライチ、おぎやはぎ、アルコ&ピース、宇多丸、安住紳一郎、イモトアヤコ、竹中直人、井上芳雄、吉永小百合・・・。

誰もが知っている方ばかりですが、実は皆さん、TBSラジオで番組を担当している方ばかり・・・というのは、知られていません。

ちょっと前、だいぶ前かな!?(笑)、皆さんのご両親、もっと遡ると祖父母が10代の頃にはいつもラジオがありました。むしろ、ラジオしかありませんでした。皆さんの周りには今、何がありますか。スマホ、ゲーム、You Tube、LINE・・・どれもこれも楽しいモノばかりすが、そこに「ラジオ」がありません。

そんなラジオが置いてきぼりになった現状を私たちTBSラジオは変えたいと思っています。朝起きたらラジオ、寝る前にラジオ、世の中のニュースや情報は勿論、お腹を抱えて笑える話も思わず涙ぐんでしまう感動ドラマもラジオで聞いちゃう・・・昔はフツーにあったそんな光景を私たちは取り戻したい、と考えています。どんな番組だったら聞くのか、どんなラジオだったら持ってみたいのか、そもそも「ラジオ」がどんなだったら興味が持てるのか。皆さんの知恵を絞った革命的な「ラジオ」、お待ちしています。

TBSラジオ キャリア甲子園2017テーマ
あなたのライフスタイルに 革命を起こす 新しい「ラジオ」を考えよ

PAGE TOP