帝人株式会社

帝人グループは、1918年に日本で初めてレーヨンの商業生産を開始し、今ではマテリアル、ヘルスケア、ITと、それぞれの融合領域における事業をグローバルに展開しています。世界のさまざまな課題やニーズに応えるソリューションを創造・提供し続けていくことで、「未来の社会を支える会社」を目指しています。

帝人グループは2018年に創立100周年を迎えますが、創業当初から持続的に成長していくために、常に進化し続ける「たゆまぬ変革と挑戦」を実践しています。

21世紀の世界には、いまなお、環境問題、少子高齢化問題、災害などに対する安全性の向上など、さまざまな課題が山積しています。帝人グループでは、これらの問題に取り組み、社会が求める新しい価値の創造に挑戦しています。

今回の帝人グループからのテーマは「ITを駆使した、少子高齢化・健康志向ソリューションを考えよう!」です。少子高齢化や生活習慣病の増加は、社会が持続的に成長していくためには、避けては通れない課題です。また、これらを解決するために、加速度的に進化しているIT技術をどのように駆使していくかが大きなポイントとなります。

未来の社会を支える皆さんで、この課題に取り組み、課題解決に繋がる新しい価値(ソリューション)の創出に挑戦してみてください。この甲子園では、その企画をどうまとめ、どうプレゼンテーションするかもポイントだと思います。高校生ならではの素晴らしいチームワークも期待しています。

帝人 キャリア甲子園2017テーマ
ITを駆使した、少子高齢化・健康志向ソリューションを考えよう!

PAGE TOP