マイナビ

マイナビ

LINEで送る
Pocket


羽田 啓一郎(株式会社マイナビ キャリアデザイン推進部 MY FUTURE CAMPUS 代表)

過去2年、キャリア甲子園を開催してきて強く感じたことがあります。

それは、高校生の凄まじさです。これは、キャリア甲子園に出場した高校生達のプレゼンを見た全ての企業、社会人が思った筈です。

日本の学生は世界的に見てレベルが低いと言われていますが、「それはキャリア甲子園を見てから言ってください」と私は思っています。

2014年度、さいたまスーパーアリーナで初開催。正直、うまくいくか不安半分で開催しましたが、高校生の頑張りで大成功を収めました。
しかし、その凄さを体験できたのはその場所にいた人達だけでした(お恥ずかしながら、予算的な関係で記録動画も残していません)。

この凄さをもっと多くの人に知って欲しい、という思いで、2015年度から会場をニコファーレに移し、ニコニコ生放送で全国生中継。
約18,000人の方にご覧いただくことができました。

3年目となる今年、大勢の人の力を借りながら、皆さんが最高に輝く舞台を再びご用意しました。
昨年以上に大勢の高校生が挑戦出来るようにJTB様、BBT大学様にもご協力頂きながら色々と工夫しています。
また、テーマを出題頂く企業・団体様も高校生の皆さんに大きな期待を寄せています。

競争が激しくなる分、決して楽な挑戦ではないでしょう。
でもその代わり、最後に笑っている高校生チームの笑顔はきっと、最高にきらきらしているはずです。

 

LINEで送る
Pocket