菊澤 萌

菊澤 萌

LINEで送る
Pocket


2015年度総合優勝 「MOTION」チームリーダー
現 関西学院大学 国際学部1年生

「あ、そういえばさぁ、こんなのあるんだけど。やってみない?」
何気ない、メッセンジャーに送られたたったひとつのメッセージから、私の夏は始まりました。

 私は高校1年のときに模擬国連という活動に出会い、日本中の高校生が参加する大会で、多くの友人を得ることが出来ました。
その中でも、普段からメッセンジャーを使って、神戸と名古屋という距離がありながらもやりとりしていた三人の友人。彼らに誘われたことで、私はキャリア甲子園に参加することになりました。

 当然ですが、学校が3校にまたがっていれば、県も違い、得意なことも、苦手なこともそれぞれ違う。しかもメンバーの半分は受験生。
そんな私たちがうまくかみ合わさって、一つのチームとして動けたのは、馬が合ったこと、キャリア甲子園自体やテーマを面白そうと思ったこと、そして、「2020年には、こうあるべきだと思う」という考えがあったからだと思います。
逆に言えば、それ以外に共通することなんて無かったのかも。

けれど、それらがあってこそ、そしてそれらのためなら、時間だって距離だって、アイディアだって学生の薄いお財布の中身だって、なんだって投資してやろうと思えました。

ビジネスコンテストと聞いて、「興味あるけど、なんだか難しそうだし、私には遠い世界かな。」なんて思ってしまう人もいるでしょう。一年前の私がそうでした。

きっかけはなんだっていいと思います。「なにこれ面白そう」。十分です。

ただ、その一歩を踏み出すかどうかは、あなた次第です。

LINEで送る
Pocket